読者の興味を引かせる!コンテンツマーケティングとは?



インターネットの普及によって、「商品を売る」ための宣伝活動のやり方が大きく変わってきています。
以前は、電車に広告を出し、テレビに広告を出しという宣伝のやり方を多くの企業が行なってきました。
しかし、近年、そのような広告の効果というのも薄れてきているように感じます。
2019年には企業が使う広告費もテレビ広告よりもネット広告の方が多くなると言われています。
このように、広告宣伝の方向性に変革が起こっているんですね。
そのような中で、企業は最も効果のある広告というのを模索しています。

広告はネットにシフトしている

現代においては、テレビという媒体を見る人自体が減っていると言われています。
実際に、僕の周りにもテレビが家にない人は割とたくさんいます。
では、そのような人たちはどんな媒体を利用しているのでしょうか?
その答えが「ネット(インターネット)」です。
ニュースを見るのにも、テレビで朝の情報番組を見るというよりは、スマホでYahooニュースを見たり、Smart Newsを見たりする人が多いのではないでしょうか?
このように、人々が情報源とする媒体(メディア)が大きく変わってきています。
広告は、人が集まるところで打つ!というのが基本になるため、人がネットに集まってきているという状況を考えると、ネット広告にシフトするのは自然な流れだということができます。

宣伝っぽい宣伝は嫌われる時代

高度成長期のような時代においては、人々はあまりものを持っていない状態だったため「買ってくれ!」と企業側が広告を使ってオファーすれば簡単に買ってもらえてのですが、現代のような、物がありふれた時代においてはそうはいきません。
中にはそのような人もいるとは思いますが、多くの人は、財布からお金を出すことに抵抗感を持っています。
「買ってくれ!」というスタンスを見せた途端に心を閉ざしてしまい、一生その商品には興味を持たなくなるでしょう。
そのような人の財布の紐を緩ませるためには、様々な工夫が必要になります。
その1つの解決策として実用化されているのが「コンテンツマーケティング」です。

人の「知りたい」に応えるのがコンテンツマーケティング

昔の広告というのは、その商品のスペックや価格などを全面に押し出したものが多かったと思います。
しかし、先ほど書いたように、それでは消費者の方から受け入れてもらえません。
それでは、どうたら良いのでしょうか?

受け入れてもらえないのであれば、受け入れてもらえるコンテンツからまずはスタートしてみては?

というのがコンテンツマーケティングの基本的な考え方です。
例えば「自動車」を売ることを考えた時に、

「この車は、パワーが300馬力あって、止まった状態から100kmまで4秒で加速します!すごいでしょ!お買い求めください!」

極端に書きましたが、このような広告は消費者には受け入れられません。
すぐに心を閉ざして終了です。
そこで、コンテンツマーケティングというのを活用していきます。
消費者がインターネットで検索をする時には、何かしら知りたいことがあるから検索しますよね?
その答えを用意してくれた人に対して、消費者は悪いイメージを持つでしょうか?
きっと「悩みを解決してくれてありがとう!」と思うのではないでしょうか?
これが、商品に興味を持ってもらうための入り口となるのです。

例えば、トヨタと同じ自動車会社で「ホンダ」という会社があります。
この会社は、積極的にコンテンツマーケティングを行なっているように見えます。
例えば、ホンダのウェブサイトには「ゴルフ」についてのコンテンツがあります。

ゴルフのスイングレッスンは一見、車を売ることとは関係ないように思えますが、ゴルフに行く時には大抵の場合は車を使いますよね?
「ゴルフ」という入り口から、最終的には車に興味を持ってもらえるような情報の導線を作っておくのがコンテンツマーケティングのポイントです。
そうすれば、車を買うことに興味がない人でも「ゴルフを更に楽しめるのであれば、新型車を買うか!」となるかもしれないですからね。

まとめ

現代においては、テレビ広告からネット広告シフトしているという現状があります。
更に、消費者の物欲というものは低下しています。
このような状況の中で、ものを売るという手段としてコンテンツマーケティングがあります。
消費者の悩みを解決して、購買につなげるという時代にあったマーケティング手法ですね。
きっとあなたの身の回りにもコンテンツマーケティングはたくさん存在していますので、改めて周りを観察してみると面白いかもしれませんね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。