インプット&アウトプットの重要性



「インプット」というのは入れることです。
逆に「アウトプット」というのは出すことを指します。

今回の記事での「インプット」「アウトプット」は知識についてのものと考えていただいて問題ありません。
現代は、情報が溢れかえっています。
僕らはそれらの情報の中から意志をもって必要な情報を取りに行かなければなりません。
中には「情報があり過ぎて、何の情報を取り入れたら良いのかが分からない」という人もいるかもしれません。
その結果、何も情報を取りにいかないというようになってしまっている人も見かけたことがあります。
これではダメなのは明白ですよね?
今回の記事では、情報インプットの重要性、そしてその情報をどのように扱ったら良いのかを解説していきたいと思います。

インプットの重要性

これについては、あまり言わなくても分かる内容かもしれませんが「インプットは重要です!!」と強く言いたいですね。
当たり前ですが、人間が何かを判断する時などには必ず過去に頭にインプットした情報を基に判断を下しているはずです。
つまり、情報が無い、つまり情報のインプットをしていない人というのは、適切な判断が出来ない可能性が高いということになります。
これでは、人間的な価値は一気に下がってしまいますね。。。
ですので、情報のインプットは継続的に行っていく必要があります。
何の情報をインプットしたら良いか分からない場合は、とりあえず自分が興味のあることでも良いと思います。
そうすると、芋づる式に知りたいことが出てきます。
情報をインプットする時には「このことについての情報を知りたい!!」という思いが重要です。
僕が高校時代の時、学校の授業の内容はあまり頭に入ってきませんでしたが、自分が好きな音楽の情報はいくらでも頭に入れることが出来ました。
それほど「知りたい!」と思う感情は情報のインプットをする上では重要なんですね。

インプットだけでは価値を生まない

インプットの重要性はご理解いただけたかと思いますが、情報はインプットしただけでは価値を生みません。
インプットした情報は活用して初めて価値を生み出すんですね。それではインプットした情報を活用するというのはどういうことなのでしょうか?
インプットした情報そのものには価値はありません。ではどのようにしたら価値が生まれるのでしょうか?それは情報を活用した時です。
情報を活用してはじめてその情報は存在価値を発揮するんですね。
例えば、株価が上がりそうな銘柄の情報を持っていたとしても、その情報を活用して株を買わない限りはその利益は得られません。
「情報をインプットしたあとには必ずアウトプットをする」これをしっかりとやっていきましょう。

インプット→アウトプットのスピードが重要

情報をインプットした後にアウトプットすることで情報の価値を引き出すことはご理解できたかと思います。
そして、更にその価値を高めるためには「スピード」が重要になってきます。
情報には鮮度があります。その鮮度が落ちないうちにアウトプットすることは非常に重要です。
鉄は熱いうちに打て!と言われますが、情報も新鮮なうちにアウトプットするとその価値を高めることができます。
情報をインプットすると、あなたの頭の中に情報が記憶されますが、その記憶は時間とともに減少します。
つまり、情報の鮮度が落ちると情報の質そのものが落ちていってしまいます。
そして、スピード感をもってインプット→アウトプットを繰り返すことでその情報の価値を最大限に引き出すことができます。

まとめ

日常的に情報をインプットすることは重要なことです。しかし、その情報をアウトプットしないと価値は生み出されません。
そして、更にその情報がもたらす価値を上げるためにはスピード感をもってインプット→アウトプットを繰り返すことが重要です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。