時代の流れに負けない「稼ぐ力」を身につける重要性



僕たちが生きている現代はとても変化が激しく、昨日通用した常識が今日は通用しない的なこともよく起こりますよね?
そんな時代の中を生きていく上で重要なことは何だろうか?
今回はそんなテーマを扱っていきたいとおもいます。

あなたが働いている会社は10年後にも存在している?

時代の流れは年々、いや、日に日に早くなっていっています。
イーロンマスクという起業家をご存知でしょうか?
詳しく知りたい方は、こちらの本(イーロン・マスク 世界をつくり変える男)を読んでみてください。

電気自動車の火付け役である「テスラ」やローコストで宇宙に行けるロケットを開発している「スペースX」などを立ち上げた方ですね!
その他にもたくさんのビジネスを同時に手がけています。
そして、イーロンマスクがすごいのはスピード感です。
日本を代表する自動車会社のトヨタやホンダが長年かけて自動車ビジネスを成長させてきたのに対して、テスラは2003年にできた会社ですから15年ほどで今の規模に成長させたということですね。
ありえないスピード感です。それに加えてヒット商品を作っているのがすごいです。

このような人は昔はいませんでした。
しかし現代はイーロンマスクまではいかなくとも、すごいスピード感を持った人は増えてきているのではないでしょうか?
そして、そのような方が作り上げる世の中というのは、「流れの速い世の中」になるのは自然なことですよね。

そんな時代の中では、「大企業だから潰れないよ」というのは全く通用しません。
僕が就職活動をしていた10年前は、東芝という会社はとてもイケイケな会社でした。
ただし、個人的には会社説明会の時に来ていた社員がとてもエラそうだったので、エントリーシートを送ることすらしませんでした。
そんな東芝ですが、今の状況はどうでしょうか?
とても残念な状況になっています。
当時、10年後に東芝がこんなことになってしまうことを予想できた人はいたでしょうか?
おそらくいなかったでしょう。

あなたが今いる会社は10年後存在していると思いますか?

期待するな!守ってくれる人なんていない

10年後にあなたが働いている会社がどうなっているのか?そんなことが完璧に分かる人は一人もいません。
では、どうしたら良いでしょうか?
答えは簡単です。

「期待しないこと」

です。
僕も今は世の中的には大企業と呼ばれる会社で働いていますが、日々、危機感を感じながら仕事をしています。
これは、会社の経営状態がどうのこうのという話ではなく、「もし、この会社が潰れてしまった場合、僕はどうしたらよいだろうか?」と考えると、自分の実力を磨かないとまずいと思わざるを得ない状況ということですね。

会社は、いつかは潰れます。
それが自分が勤めている間に起こるかはわかりませんが、もしそうなった時のためのことを考えておくことはとても大事です。
誰もあなたのことを守ってはくれません。
あなたの最大の味方はあなた自身なのです。

自分で稼ぐ力を磨くことで人間が磨かれる

もし、本当会社が潰れてしまった場合は、あなたは「収入」を失ってしまいます。
その時、他に収入源があったら焦らなくても済みますよね?

これは、これからの時代には絶対に必要な考え方です。
数年前は副業といったら、あまり良いイメージを持たれませんでした。
しかし、ここ最近では副業を推奨する企業すら出てきているような状況です。
副業がもたらすメリットにやっと気づき始めた感じですかね(笑)

副業といっても、会社が終わった後に居酒屋でバイトしますといった感じでは先が思いやられます。
ぜひ選んでいただきた副業は「自分で稼ぐ」ということを学べるものです。
そして、ストック性のあるものであると更に良いでしょう!

わかりやすいのは、僕も行なっているブログ運営です。
ブログを運営してアクセスが集まるようになると広告収入を得ることができます。
ただし、そこまで行くには良い文章の書き方、記事を書く時間を確保するための時間管理術、
たくさんの記事を書く続ける忍耐力など様々な能力が必要になります。
これは、自分磨き以外の何ものでもありません。

「自分で稼ぐ」を実践することで、自分を磨くことができる

これをやらない理由がどこにあるでしょうか?
これからの時代、世の中がどう変わっていくかはわかりません。
しかし、どんな状況になろうとも自分で稼ぐ力を身につけている人は強いのです。

まとめ

デジタル化で世の中のスピードがどんどん早くなっています。
そして、AIなどが活躍するような時代になったら、更にスピードが速くなるでしょう。
そんな時代の中で輝く存在になるには「自分で稼ぐ」ということができるのは必須条件です。
ぜひ、今から全力で「自分で稼ぐ」を実践していきましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。