ブログ初心者向け!記事の書き方のポイント



こんにちは。
らいふぉ部管理人のAkkyです。

ブログを始めてみたけど、どんなことを書いたら良いかわからない・・・

こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?
せっかくブログを苦労して開設したけれども、記事が書かれなければそのブログを見に来る人はいません。
どうせならば、多くの人に見てもらえるブログにしたいですよね。
そして、多くの人が見てくれるブログにすれば、収入を得ることもできますからね♪

こちらの記事では、ブログに記事を書いていく際のポイントを解説しています。
ちなみに、細かなライティングのテクニックを解説している記事ではありません。
どんな感じで記事書きを進めていけば良いか?的な疑問の解決用に書いている記事になりますので、その点ご了承ください。

それでは始めていきたいと思います。

日記形式では誰も見ない

「ブログ」というのは、もともと日記を書くためのものですが、「ブログで収入を得る」というところまで到達したい方は、日記形式の記事ではダメです。

今日は、お台場にショッピングに行ってきました。
前から欲しかった服もゲットできて、とても充実した1日でした。
お昼に食べたランチビュッフェもとても美味しかった!
またお台場に行きたいなと思いました。

こんなブログが書いてあったら、あなたは興味を持って見ますか?
おそらく見ないですよね?
なぜならつまらないからです。
本人は楽しい思い出だったのでしょうけれども、ブログを読む読者からの立場からすると何も有益な情報がなく、つまらないブログになってしまいます。
おそらくリピーターになることはないでしょう。

このように、プライベートに日記などは、あなたのことを知らない他人からしたら「どうでもいい話」なのです。
もし、あなたが単なる自分の行動記録としてブログを書くのであれば、日記形式のブログをどんどん書いてください。
しかし、本気でブログを使って稼ごうと思ったら、考え方を大きく変えなければなりません。

ブログで書くネタのポイント

日記形式のブログは、極端に言ってしまえば誰にも読まれません。
芸能人などのブログであれば話は別ですが、この記事を読んでいただいている方の多くは芸能人ではない一般の方でしょう。
なのであれば、ブログの書き方を工夫しなければ誰にも見てもらえないブログになってしまいます。
そこで重要なのは「ブログ=有益な情報の発信ツール」という考え方です。

重要なことなので、大きな画像にしてみました(笑)
まぁそれくらい重要な根本的な考え方だということですね!

「有益な情報を提供しなければならない」ということは分かったけれども、読者にとって有益な情報をというのは一体なんなのでしょうか?
あなたのブログにアクセスしてもらうためには様々な方法がありますが、その中でも活用することになるのが「検索エンジンからのアクセス」です。
あなたが検索エンジンを使うときはどのように使うでしょうか?

  • iPhoneの設定方法が知りたいとき
  • オススメのランチを調べたいとき
  • 花粉症の対策を知りたいとき

などなど、様々な用途で検索という機能を使っていると思います。
しかし、これらには全て共通点があります。
それは「疑問や悩みを解決したい」ということです。
疑問や悩みを解決するために、検索エンジンに疑問に思っていることや悩んでいることを入力して検索するのです。
その結果として表示されたウェブサイトやブログがあなたの悩みを解決してくれるというように検索エンジンの仕組みは作られています。
つまり、疑問や悩みを解決するような記事を書いてあげれば、検索エンジンで誰かが検索した時にあなたのブログが表示される可能性があるということです。
これが分かってしまえば、先ほどご説明した「有益な情報」というのがどんな情報かはお分かりですよね?

ということです。
この基本的な考え方を基に読者の立場になってブログを書いていくことで、あなたのブログにはたくさんのアクセスが流れ込んでくる可能性が格段に上がるということです。

記事にするネタの探し方

「ブログに書く記事はどんなジャンルのものがいいのでしょうか?」

これは、初心者ブロガーによくある悩みの1つです。
ブログに書く記事のジャンルにこれという正解はありませんが、1つ言えることは、あなたが自信を持って語れることを書くと読む人の心をつかめる可能性が高くなります。
先ほどご説明したように、検索エンジンで検索する人は疑問や悩みを解決することが目的です。
それを解決するためには、少なくとも検索した以上の知識や経験を持っている必要があります。
ですので、「あなたが自信をもって語れること」をブログのネタにするとより多くの人が読んでくれる記事を書ける可能性が上がります。

そして、次にすべきことはデータに基づいた需要調査です。
あなたが自信があることを闇雲に書いていってもいいのですが、より短期間で読まれるブログになるためには、検索需要のあるキーワードに対してそれに答える記事を書いていくのが近道です。
理想的には、Googleが提供するキーワードプランナーというキーワードツールを使って需要のあるキーワードを見つけていった方が良いのですが、初心者には少し難しいかもしれません。
そこで重宝するツールが「keysearch Beta」というサービスです。
keysearch Betaはブログに書くためのキーワード候補をマインドマップの形で提案してくれるサービスです。
トップページにアクセスすると、以下のような画面が出てきます。

この「キーワード」というボックスにあなたのブログのテーマを記入します。
ここでは例で「ブログ」と入力してみましょう。
すると以下のようなものが表示されます。

「ブログ」というキーワードを入力すると、それにまつわるキーワードのツリーを自動生成してくれるのです!
これは便利ですね♪
このキーワードに対して、「検索した人は何が知りたかったのだろう?」という仮説を立てて、それに対する記事を書いていけば、検索需要に対応した記事が書けます。
例えば、「ブログ 始め方 ワードプレス」というキーワードで検索している人というのは、「ワードプレスを使ってブログ構築したいのでは?」という予測が立てられます。
ここまで出来れば、あとはその悩みを解決する記事を書いていってあげれば良いでだけです。
今回の場合であれば、「猿でもわかる!ワードプレスを使ったブログの作り方」的な記事を書くことになるでしょう。
まずは、このようなやり方で記事を書いていって見ましょう。
1記事の文字数としては、2000文字程度を目標に書くと良いでしょう。
文字数の少ない記事は、「情報の少ない記事」として検索エンジンに評価されないということが起こりうるので、1記事2000文字を目標に頑張っていきましょう。

まとめ

ブログで収益を得ようと思ったら、日記形式の記事は絶対に書いてはいけません。
検索需要のある気ワードに基づいた記事を書くことこそが、あなたのブログにアクセスを集めるための最良の手段です。
この基本的な考え方がブログ運営をする上でとても重要です。
データに基づき、記事を書きます。
もし、アクセスが伸びなかった場合は、また記事の内容を見直せば良いのです。
ブログに記事を書くに対してもPDCAをしっかり回していくと、よりアクセスを呼ぶ記事を書けるようになります。

それでは、良いブログライフを!!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。