ブログ記事の文字数は多い方がいいの?



こんにちは。
らいふぉ部管理人のAkkyです。

ブログの記事を書く際には、2000文字以上書きましょうだとか、少なすぎるとSEO的に良くないだといった話を聞く時がありますが、実際のところはどうなのか?

そんな疑問を解決していきたいと思います。

結論:記事の文字数はSEOには影響を及ぼさない

最初に結論を言ってしまいますが、記事の文字数の多い少ないというのは、SEOには影響を与えないということが分かっています。
これはGoogleのジョンミュラー氏が公式に発表している内容になります。
発信内容は以下の通りです。

原文:
we don’t have an algorithm that counts the words on your page and says Oh everything until 100 words is bad everything between 100 and 500 is fine and over 500
we don’t look at it like that we try to look at the pages overall and make sure that
this is really a compelling and relevant search results to users and if that’s the case then that’s perfectly fine if that’s long or short or lots of images or not that’s essentially up to you

翻訳:
私たちはあなたのページの単語を数えて100語までが悪い、100語から500語の間のすべてが大丈夫で500以上になるまでああすべてを言うアルゴリズムを持っていません
私たちは、ページ全体を見て評価してる
本当にユーザーにとって魅力的で関連性の高い検索結果(ページ)であれば、長いか短いか、またはたくさんの画像であったとしても、全く問題ない

つまり、Googleの検索エンジンアルゴリズムの中には、文字数の多い、少ないでページを評価することはせずに、ページ全体を見て総合的に評価をしているということになります。
確かに、それが検索アルゴリズムの本質だと思います。
文字数が多ければ検索順位が上位になるようなアルゴリズムが組まれていたら、それに漬け込んで意味不明な長文を投稿する輩が出てくることは容易に想像がつきます。
そのような輩が出ないように、Googleは公式に上のような発信をしたのかもしれませんね。

判断基準は文字数ではなく記事の中身

SEO的な評価は、文字数では無いということは分かりました。
それでは、どんなことに注意して記事を書いていけば良いのでしょうか?
ユーザーは検索エンジンを使用する際に、何か疑問や困りごとを解決したくて検索するわけです。
その時に、その疑問や困りごとが表示されたコンテンツを見ることで解消されなければ、検索エンジンの価値は下がってしまいます。
そのようなことにならないために、Googleは日々検索アルゴリズムの改良を行っているのです。
疑問や悩みを解決したい人は、出来ればその分野の素人よりも専門家に解決してもらいたいですよね?

つまり、検索エンジンで上位表示されるためには、検索されたキーワードの分野に対する専門性が高いという判断されることが必要ということですね。
となると、どのような記事を書いたら専門線が高いと判断されるのでしょうか?

網羅性のある記事を書くことが重要

専門性が高い記事を書くためには、当然ながら専門知識がないとダメですよね?
ということで、検索されたいキーワードに関する分野の専門知識を高めることがファーストステップです。
これをしないと、間違いなく薄っぺらい記事になってしまいます。
そして次にすべきことは、網羅性を出すということです。
検索エンジンでキーワードを入力した人は、そのキーワードに関する濃い情報を求めている場合がほとんどです。
例えば、僕は音響が好きなので、「マイク おすすめ」といったキーワードで検索した時に極端な例ですが「オススメのマイクはこれです!以上。」みたいな記事が出てきたら、あなたはその情報を信じますか?
おそらく信じないと思います。
なぜなら情報が薄いからです。
僕はマイクを購入しようとしていて、購入するマイクを選定するのにおすすめのマイクの情報が知りたいのですが、このような記事では満足するわけがありません。
では、どうしたら良いでしょうか?

まずは、目次を作ってみましょう。

「目次ですか・・・??」

と言われてしまいそうですが、本気です。
目次を作る目的は、網羅的な記事を書くためです。
マイクの例で言えば、「なぜこのマイクがオススメなのか?」ということがしっかりと書かれている必要があります。
それを確認するために目次が活躍するんですね。
目次を作ることは「なぜこのマイクがオススメなのか?」というのを語るためのストーリーづくりの工程でもあります。

1.マイクの種類にはダイナミックとコンデンサーがある
2.バンドで使うなら断然「ダイナミック」
3.信頼と安心のSHURE SM58がやっぱりおすすめ

という目次を作るだけで、説得力のある記事になりますよね(笑)
これは、簡単に作った目次なので微妙かもしれませんが、本気でおすすめする場合は、もっと充実した目次になると思います。
また、目次を最初に作ることで、記事が書きやすくなったりします。
書いている途中に言っていることが変わっていってしまうことも防げます。

これで、網羅性があって、かつストーリー性がある記事が書けるわけですね。
このような記事を意識的に書くことで、Googleから専門性の高い記事ですね!という評価をいただくことができるのです。

話が反れましたが、このような網羅的な記事を書くと、必然的に2,000文字は軽く超えてきます。
だから、2,000文字以上書きなさいというようなノウハウが出回ったりするわけですね。
検索エンジンで上位表示されるためには文字数は関係ないですが、網羅的な記事を書こうとすると結果的に2,000文字を超えてくるということですね。

まとめ

検索エンジンで上位表示されるためには、文字数は関係ありません。
ただし、記事の内容に専門性がなかったり、検索されたキーワードに関する内容の情報が網羅されているか?というのが重要な評価ポイントになります。
そんために目次を作り記事のストーリーを明確にするのです。
そして、その目次に対する記事を書いていくと、結果的に2,000文字は軽く超えてしまうということですね。

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。