95%の人が勘違い!?モチベーションを上げるための究極の方法



あなたの職場では「モチベーション」について問題になったり、それについて議論したりするなどして、モチベーションについて考える機会を与えられたことはないでしょうか?
管理職などの人は多くの方は、部下のモチベーションについて悩んだことがあると思います。
ただし、多くの管理職が「どうしたらモチベーションを上げることができるか?」という課題に対して、誤った答えを持っていたことが分かっています。
こちらの記事では、「モチベーションを上げる究極の方法」を解説していきたいと思います。

モチベーションとは何か?

まずは「モチベーション」というものが何なのかを知らないとダメですよね?
モチベーションというのは人間の中にある精神的な感情のことで、なにか形になっている物理的なものではありません。
昔は、仕事をするのにモチベーションはいらないという考えが主流だった、というか、モチベーションというものに対しての議論がなかったように思えます。
「仕事なんだからやって当然」という考え方ですね。
しかし、時代が変わって、人が変わって、働き方も変わってということで、「仕事は強制的やらされるもの」という考え方から「仕事は自主的にやるもの」という考え方に変わりつつあると感じています。
そんな環境変化の中で、企業であれば「従業員のモチベーション低下」というのが会社の経営に致命的なダメージを与えてしまうということが実際に起こり始めています。
そこで、会社側としては従業員のモチベーションアップ施策を打つことは急務となってきているんですね。

多くの管理職が犯している大きな間違い

従業員のモチベーションアップ施策を担うのは企業の管理職の方々でしょう。
そんな管理職の方々は、従業員のモチベーションを上げるために色々と頑張るのですが、多くの場合は失敗に終わります。
もしくは、一時的にうまくいっても効果が続かないというようパターンがほとんどです。
では、実際にはどのようにして従業員のモチベーションを上げようとしているのでしょうか?
対策は大きく分けて2パターンあります。その2パターンを組み合わせてやっている場合もありますね。
その2パターンというのは、

  • 褒めておだてる
  • 物(お金含む)を与える

です。
実は、これらの対策をするのは大きな間違いなんですね。
これらのことをやっても、モチベーションを上げるどころか、最悪の場合はモチベーションを下げてしまうことすらあります。
しかし、ある実験によれば、実に95%の管理職がこのようなモチベーション対策を実施しているということが分かっています。
つまり、多くの人が

「おだてて、物(お金)を与えておけばモチベーションなんて上げられるよ!」

と思っているのですね。
これが多くの管理職が犯している大きな間違いです。
これを正すことから始めなければなりませんが、では、どのようにしてモチベーションを上げてもらうようにしたら良いのでしょうか?

「小さな前進」こそがモチベーションを上げてくれる要因

上述したように、モチベーションを上げるためには、おだてられたり、物をもらったりするのではダメです。
結論を言ってしまいましょう。

「前進していることを感じてもらうこと」

です。
これがモチベーションを上げる原則です。
これを理解した上でモチベーションアップ対策を考えないとモチベーション低下という問題に対する根本的な解決はできません。

「前進と言ってもねぇ~。そもそも前進しないから困っているんですけど・・・」

と思った方もいらっしゃるかと思います。
でもご安心ください。
ここで言っている「前進」というのは、そんなに大それたものではありません。
「小さな前進」でいいんです。
例えば、

  • 30分でメールのチェックを終わらせる
  • 書類作成を午前中に終わらせる

などといったような感じです。
決して○○プロジェクトを成功させて、会社に数億円の利益をもたらす」というような大それたものでなくて良いんです。
その人が実現可能なレベルの小さな目標を設定し、それを達成することが重要なのです。
これが「小さな前進」です。

実現困難な大きな目標はモチベーションを低下させる

上述したような「○○プロジェクトを成功させて、会社に数億円の利益をもたらす」といったような大きな目標は、聞こえはカッコいいのですが、それを課せられた人からすると「え~」と思ってしまう人が多いのではないかと思います。
このような大きな目標は、最初はモチベーションが上がるのですが、ゴールが遠すぎてそのうちモチベーションは低下していきます。
結局一番モチベーションが上がるのは、「ゴールに達した時」です。
もし、大きなゴールを設定してしまった場合は、「達成」のタイミングはだいぶ先になるでしょう。
しかし、小さなゴールであれば、ゴールの設定の仕方次第では、一日に何度も「達成」を味わえるのです。
であれば、小さな前進を目指して、実現可能なゴールをたくさん設定することこそがモチベーションアップの最良の策ということになりますね!

夢の実現のためには小さな前進を積み重ねる

モチベーションを上げるためには、大き過ぎる困難なゴールを設定するのではなく、実現可能な小さなゴールを設定し、より多くの「前進」を感じることが重要になります。
もし、「大きな夢」を叶えたいのであれば、大きなゴールを一発設定して達成することを考えるのではなく、ゴールを細切れにして、いちいち達成感を感じながら進めることが重要です。
そして、更に効果を高めるのは、達成したゴールを記録しておくということです。
そうすることで、大きな夢を実現できる可能性はグッと上がります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。