これからの交通を支える「ETC2.0」とは?



「ETC2.0」というのは、従来のETC(Electronic Toll Collection System)を大きく進化させたサービスなんですね。
この記事では、そんなETC2.0の概要を解説していきたいと思います。
その前に、ETCというサービスについて、復習しておきましょう。

ETCとは?

従来のETCのサービスは、高速道路の利用料金を窓口の方に直接お金を渡すことなく支払いを完了できるというものでした。
ETCが開始された当時は、ETCというサービスは画期的と言われていました。
そりゃそうですよね。高速道路が混雑する長期連休などには、料金所に長蛇の列ができるというのがETCサービスが登場するまでの状況でした。
そんな混雑を見事に解消したのがETCでした。
そして、現在においては、ETCを搭載していない車の方が少ないほどETCは普及しています。
ETCを利用するには、ETC車載器とETCカードが必要になります。

ETCという名前からも分かるように、ETCは高速道路の代金を回収するためだけに作られたシステムだったんですね。
そんなETCがETC2.0になったことで、どんな進化が起こったのでしょうか?

ETC2.0ってどんなサービス?

ETCからETC2.0への変化は、とても大きな変化です。
ETCが高速道路料金を回収するだけのシステムなのに対して、ETC2.0はカーライフにおける情報の基盤として機能します。
ETC2.0の大きな特徴は通信機能です。
全国の高速道路上の約1,700箇に所設置された通信アンテナ「ITSアンテナ」とETC車載器が通信をすることで、様々な情報のやり取りができるようになっています。
この通信に使われる方式はDSRC(Dedicated Short Range Communications)通信方式という狭い範囲での通信を可能にした通信技術です。
DSRC通信方式では、5.8Ghz帯という帯域の電波を使って通信をするを行います。
また、DSRC通信方式の特徴は双方向通信ができるということです。
これにより、車と交通インフラがコミュニケーションをするという仕組みが出来上がってきたのですね。
つまり、このような通信を行うことでどのようなことができるのか?というのがETC2.0のサービスなんですね。

ETC2.0の具体的なサービス

ETC2.0を導入することで、便利な機能やお得なサービスを利用することができるのですが、具体的にはどんなサービスが受けられるのでしょうか?
大きく分けると「情報配信系サービス」と「料金効率化サービス」があります。

情報配信系サービス

情報配信系サービスというのは、ETC2.0を導入することによって、高速道路をより安全で快適に走行するためのサービスを受信することができます。
具体的なサービスとしては、以下のようなものがあります。

  • 渋滞回避支援
  • 安全運転支援・災害時支援

このような情報を適時受信することができ、これらの情報を勝つ等することでより安全で快適なドライブを楽しむことができます。

料金効率化サービス

ETC2.0は情報を配信するというサービスの他に、高速道路料金の支払いに関するサービスもあります。
高速道路料金というのは従来のETCのサービスでしたが、ETC2.0ではそのサービス内容をより進化させています。
具体的には以下のようなサービスを提供しています。

  • 高速道路料金割引サービス
  • 高速道路 一時退出サービス
  • 駐車場料金精算サービス

以前のETCにはなかった特徴的なサービスは「高速道路 一時退出サービス」ではないでしょうか?
通常のETCでは、一度高速道路を降りてしまうと料金はそこでリセットされ、再度同じインターから乗ると初乗り料金がかかってきてしまいます。
しかし、ETC2.0では一定の条件を満せば、高速道路の一時退出が可能なです。
つまり、一度高速道路を降りてしまっても料金がリセットされないということですね。

まとめ

ETC2.0は、以前のETCサービスのような料金を支払うためだけのサービスではありません。
安全で快適な自動車社会を作り上げていくという熱い思いが詰まったサービスでもあるんですね。
これからどんどん新しいサービスが追加され、僕たちはより安全で快適なドライブを楽しめるようになりそうですね!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。