【車中泊の必需品】おすすめのマット5選



最近話題の車中泊ですが、キャンピングカーでも持っていない限りは、基本的には一般的な乗用車に車中泊をすることになりますよね?

乗用車というのは「快適に移動すること」に重点を置いて作られているものであり「車の中で寝ることに重点を置いて作られているものではない」ということが前提になります。

そう考えた時に、より快適に車中泊をするためには一工夫しなければならないということはわかりますよね?

その一工夫の中なの1つが「マット」です。

こちらの記事では、車中泊に使用するマットがなぜ必要なのか?

そして、どんなマットを選べば快適な車中泊ができるのか?

そんなことを踏まえながら、実際におすすめのマットをご紹介していこうと思います。

それは、まず、車中泊用のマットについての予備知識を頭に入れておきましょう。

なぜ車中泊をするのにマットが必要なの?

冒頭でも書いた通り、僕たちが車中泊をしようとしている(している)車の多くは乗用車です。

ちなみに僕はホンダのオデッセイに乗っています。

インテリアは以下のような感じで、快適な移動はできるのですが、快適な車中泊をしようと思うとちょっと厳しいですよね・・・

ちなみに、同じホンダのステップワゴンの室内は以下のような感じです。

これであれば、ある程度快適に寝られそうな気もしますが、それでもシートのデコボコ上がりますよね。。。

このデコボコを埋めてくれるのが車中泊用のマットなんですね!

このフラットにしたシートの上にマットを敷くことで、デコボコを気にしないようにできるんです。

つまり、これが快適な車内での睡眠につながってくるんですね。

車中泊用マットに求められる条件

車中泊では、マットがあったほうが良さそうということは分かったけれども、実際にどんなマットを選んだら良いのかはよくわかりませんよね。。。

そこで、「車中泊用マットに求められる条件」をまとめてみました。

快適に眠ることができる(寝心地が良い)

車中泊でマットを使うのは「快適な眠りのため」ということで、最も重要なポイントは「寝心地が良い」ということです。

車中泊のマットの寝心地を左右するのはマットの材質です。

代表的な材質は「ウレタンマット」と「エアーマット」です。

やはり寝心地が良いのは、エアーマットよりも断然ウレタンマットです!

低反発のウレタンマットであればなおのこと良い寝心地を提供してくれるでしょう。

十分な厚さがある

マットの厚さも寝心地に影響していくる条件の1つです。

いくら車のシートをフルフラットにしても、多少のデコボコはできてしまいます。

そのデコボコをマットで吸収したいのですが、マットの厚さが無さすぎると結局デコボコのままなんてことになってしまします。

一般的には10cm以上の厚みがあるマットが推奨されています。

設置が楽にできる

車中泊マットでいう「設置」というのは、マットを膨らませたりすることを指します。

車中泊用のマットというのは、通常はコンパクトに折りたためるようになっており、使用する時に膨らませて使用します。

つまり、マットを膨らませる方法が楽な方が良いですよね?というのがこの条件のポイントです。

車中泊用のマットには、電動ポンプで空気を送り込む方式のものやバルブをひねるだけで勝手に膨らむもの(自動膨張タイプ)まで様々です。

もちろん、この2種類を比較したら、勝手に膨らむタイプのマットレスが良さそうですよね。

ちなみに、家庭で使っているような3つ折りタイプのマットレスなどの場合は、膨らませるという必要性がないため設置は楽ですが、その分コンパクトにたためないというデメリットもありますよね。

コンパクトに収納できる

車中泊をするということは、必要な荷物を車に積みながら移動をしなければならないということです。

そんな状況の中、家で使えるようなガチのマットレスのようなものを持っていけますか?

ちょっと厳しいですよね。。。

そうなると重要なのが「コンパクトさ」です。

マットを広げていない時にいかにコンパクトにたたんでおけるかは荷物の物量を大きく左右します。

もちろん出来るだけコンパクトになった方が良いのは言うまでもありません。

マットどうしを連結できる

車中泊用のマットの中には、2枚のマットを連結できるものがあります。

2枚のマットレスを連結することによって、倍の大きさのマットレスにすることができます。

「それなら大きなマットレスを1枚買えばいいんじゃね?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、普通の大きさのマットレスが2枚あることで、2人の人が別々の場所で使用することもできます。

車中泊にはフレキシブル性というのがとても重要です。

状況に合わせて、いかようにも形を変えられる方が望ましいですね!

車中泊をするあなたにおすすめのマット5選!

先ほど車中泊用のマットに求められる条件を語らせていただきました。

これら全ての条件を満たすマットがあればそれに越したことはありませんが、実際には難しいと思います。

更に現実的になところでいうと、お金の部分も気にしなければならないですよね。

そんなことを総合的に踏まえながらおすすめのマット5選をご紹介していきたいと思います。

FIELDOOR エアベッド シングルサイズ

 

created by Rinker
FIELDOOR(フィールドア)
¥2,500 (2019/12/13 17:54:51時点 Amazon調べ-詳細)

ONLY STYLE 車中泊専用マット

 

クイックキャンプ 車中泊マット 2枚セット

 

created by Rinker
クイックキャンプ
¥5,080 (2019/12/13 17:54:52時点 Amazon調べ-詳細)

FIELDOOR 車中泊マット

 

Bears Rock 車中泊マット

 

created by Rinker
Bears Rock ( ベアーズロック )
¥9,750 (2019/12/13 17:54:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。