知ってましたか?iPhoneの電卓でセールの割引額を計算する方法



セールなどの時に、「○○% off!!」というポップなどが貼ってあることがありますよね?
しかし、実際にいくら安くなるのかという具体的な金額は書かれていない場合が多いです。
そんな時に便利なのがiPhoneの電卓機能です。

電卓くらい使えるよ!と怒られてしまいそうですが、今回ご紹介するのは普通の電卓にはない機能なんですね。
だからこそ記事にしてみなさんにお伝えする意味があるんです。
それは早速いきましょう。

10,000円の30%割引の金額は?

「なめんなよ?それくらいの計算は頭の中でできるぜ!!」と言われてしまいそうですよね。
まぁ、そんな気持ちを少し抑えていただいて、これを今回ご紹介する方法で計算してみましょう。

まずは商品代金を入力

まずは、今回の割引される商品の割引前価格を入力します。
今回の場合は、商品価格が10,000円なので、「10000」と入力します。

次に「-」と「割引率」を入力

そして次にすることは「-(マイナス)」のボタンを押します。
そんなことしたら、引き算の計算になってしまうのではないか!!と言いたくなる気持ちはわかりますが、まあ見ててください。

そして、次に割引率「30」を入力します。

ここで「=」を押してしまうと、単なる「10,000-30=9,970」という普通の引き算になってしまします。
それでは、どうしたら良いのでしょうか?
ここが重要なポイントです。
次に押すボタンは「%」です。
するとこうなります。

これで、見事に割引額が計算できましたね!
でも、これって暗算できますよね?と言われてしまうかもしれませんが、次のような場合だとどうでしょうか?

10,000円の30%割引の金額は?

これは、頭の中では難しいですよね。。。
暗算が得意な方はできるのかもしれませんが、計算が得意ではない僕に無理です。
そんな時は、先ほどの方法で計算してみましょう。

まずは、商品の割引前の金額を入力します。

次に「-」を押します。

そして、割引率の「25」を入力して、

最後に「=」を押すと割引額が表示されました。

これくらい複雑な割引率の計算であれば、この方法の恩恵を感じることができますね!
ぜひ、次のセールの際には活用してみてください。

ちなみに、税込みの割引額が知りたい場合は、「1.08(消費税8%の場合)」をかけて計算しましょう。
すると、このようになります。

これも暗算だと厳しいですよね(笑)

とても地味な機能ですが、きっと役に立つ日が訪れます。
その時に備えてぜひ覚えておいてくださいね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。