ダイナミックマイクの特徴と使い方



PAで使われるマイク(マイクロフォン)には以下の2つのタイプのマイクがあります。

  • ダイナミックマイク
  • コンデンサーマイク

こちらの記事では「ダイナミックマイク」に的を当てて、その特徴と使い方などを解説していきたいと思います。

ちなみに、コンデンサーマイクについて知りたい方は以下の記事をご覧ください。

なぜ「ダイナミックマイク」と呼ばれるのか?

まずは、なぜ「ダイナミックマイク」と呼ばれているのかを解説していきます。
ダイナミックマイクでもコンデンサーマイクでも基本的なマイクの役割は変わりません。
その役割というのは「音を電気に変換すること」です。
コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違いは、音を電気に変換する際の変換の仕方が異なります。
ダイナミックマイクの場合は、ムービングコイルとよばれるコイルが中に入っており、そのコイルが音に合わせて上下に動きます。
この動きによって、コイルに流れる電流が変化します。この現象を電磁誘導と呼びます。
ダイナミックマイクは電磁誘導の仕組みをうまく利用したマイクでなんですね。

ムービングコイルのわかりやすい解決がオーディオテクニカのウェブサイトに掲載されておりましたのでリンクを貼っておきます。

https://www.audio-technica.co.jp/microphone/navi/whatis/index.html

上記のサイトでは、ムービングコイルがどのように動くかが簡単な動画(GIF画?)で掲載されていますので、とてもわかりやすいです。
このように、音が直接振動板を振動させ、その振動板の動きに合わせてコイルが動くことからダイナミック(動的)マイクと呼ばれています。

ダイナミックマイクの特徴と使い方

ダイナミックマイクの特徴

ダイナミックマイクはコンデンサーマイクに疲れてているコンデンサーなどの精密電子部品を使っていないので、頑丈で耐久性に優れているというのが特徴です。
その耐久性ゆえに過酷な環境で使用せざるを得ないPA用のマイクに多用されています。

SHURE SM58はダイナミックマイクに分類されるマイクです。

ダイナミックマイク界の代表格的な存在のマイクですね。
SM58のようなダイナミックマイクは、耐久性が高いのはもちろんのこと、耐音圧性能が高く、力強いサウンドが得られることに加えて、ハウリングに強かったりします。
イベントにおいてハウリングというのは邪魔以外の何物でもありませんからね。
ちなみに、ハウリングについてもう少し詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

このような使い勝手の良さがPAをする上では扱いやすく、重宝される所以ですね。

あとは、ダイナミックマイクは、コンデンサーマイクのようにファンタム電源などの外部電源を必要としません。
ですので、ミキサーに直接差し込んで音量レベルを上げてもらえば音がでるという感じです(笑)

ダイナミックマイクの使い方

ダイナミックマイクについては、特に特筆すべき使い方の注意点などはありません。
SHURE SM58などはある程度雑に扱っても壊れませんが、ミキサーにつないで音が出る状態になっている時にはもちろん落としたりすることは厳禁ですのでその点はお忘れなく。

ダイナミックマイクを使うべきシチュエーション

ボーカルの集音

ダイナミックマイクが使われシチュエーションでまず解説しなければならないのが「ボーカル」の声を拾うというケースです。
ライブにおいて、ボーカルは手に持って歌ったり、マイクスタンドに立てて歌ったりします。
特に手で持って歌う場合には、ハンドリングノイズというものが発生しがちなのですが、SHURE SM58などのダイナミックマイクの場合は、そのハンドリングノイズを最小限に抑えてくれます。
また、スタンドに立てている場合でもステージ上の振動がマイクに伝わってノイズになるということとも考えられるのですが、現在世の中に出回っているダイナミックマイクであれば、それほど気にならないレベルまで振動によるノイズも抑えてくれます。

高音圧楽器の集音〜バスドラム〜

ドラムはとても大きな音が出る楽器です。
そんなドラムの中でも最もサイズの大きいパーツがあります。それがバスドラムです。
バスドラムの集音には多くの場合はダイナミックマイクが使われます。
バスドラムの音はとても強力で、耐音圧レベルが低いマイクだと音が潰れるという現象が起こってしまいます。
ダイナミックマイクの中でも耐音圧レベルが低いモデルもありますので、実際に使用する際には、バスドラムやベースなどの低音楽器の集音用に作られたダイナミックマイクを使用されることをお勧めします。

力強いギターサウンドの集音〜エレキギター〜

エレキギターの音を集音する際には、ギターアンプの前にマイクを立ててギターアンプの音を拾うことになります。
レコーディングではコンデンサーマイクが使われる場合もありますが、ライブにおいてもダイナミックマイクが使われることが多いかもしれませんね。
SHURE SM57などは定番で疲れれていますね。
ダイナミックマイクを使用する理由としては、サウンドがマッチするというのもありますが、指向性の関係もあります。
大きな会場の場合は、あまり影響ありませんが、小さなライブハウスなどの場合は、ギターアンプとドラムの位置が近かったりします。
すると何が起こるかというと、音カブリです。
つまり、ギターを集音しようとしているマイクにドラムの音がガンガン入ってしまったらとても扱いにくいですよね。
ですので、できる限り他の音が入らないように単一指向性というマイクの前方の音しか拾わないマイクが使われます。
これにより音カブリは最小限に抑えられるということですね。

おすすめのダイナックマイク

定番のボーカル用ダイナミックマイク「SHURE SM58」

定番の楽器用ダイナミックマイク「SHURE SM57」

低音・高音圧楽器用マイク「audio-technica ATM25」

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。