【随時更新】僕が経験したイベント本番中の音響関連トラブルとその対策



こんばんは。
らいふぉ部管理人のAkkyです。

イベントにはトラブルがつきものです。
それは、PAにおいても一緒のことです。
しかし、できればそんなトラブルは事前に回避したいものです。
今回の記事では、僕が体験したイベント時のトラブルを赤裸々に語り、その時にとった対策と後で思った「こうしておけばよかった・・・」という反省をまとめていきたいと思います。
そして、今後もトラブルは経験するとおもいますので、その際にはこちらの記事をアップデートしていこうと思っています(笑)

それでは1つずつご紹介していきたいと思います。

コネクターが合わない!!

トラブル概要

僕がPAを始めたての頃に対応したイベントのリハーサルで、DJの方がミキサーに音を送りたいということで、対応しようとしたのですが、渡されたケーブルのコネクターがRCAピンだったのです。

当時使用していたミキサーには、このRCAピンを入力する端子がありませんでした。
このままでは音を出すことができません。。。

対処法

途方に暮れている暇はないので、早速対策を考えるのですが、現場にある機材ではどうにもなりませんでした。
しかし、ここで神様が味方してくれました。
イベントが行われている会場は、実は、僕の自宅から車で10分くらいのところでした。
家に帰れば、RCA-フォンのケーブルがあったので、他のスタッフに取りに行ってもらうことができました。
リハーサルには間に合わなかったものの、本番は問題なく間に合いました。

こうしておけばよかった・・・

いろいろなパターンを想定して変換ケーブルを用意しておけば良いのですが、そうなると変換ケーブルだらけになってしまいます。
そして、変換ケーブルにしてしまうと、ケーブルの長さが固定されてします。
そこでオススメの方法は変換コネクターを持っておくことです。
この事件以来、イベントPAをやる際には、常に主要な変換コネクターを持っていくようにしています。
変換コネクターについては、サウンドハウスが一番品揃えが良いかなと思いますので、ぜひまとめ買いした方が良いですね!
僕も変換コネクターを購入した際にはまとめ買いしました(笑)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。